ダイビングライセンスについて知ろう!

ダイビングライセンスを取得したいと思っているあなたへ

ダイビングライセンスを取得したいと思っているあなたへ スキューバダイビングはダイビングライセンスを持っていなくても、ダイビングショップのインストラクターがサポートしてくれる体験ダイビングを行うことができます。
しかし、あくまで体験ダイビングということで、広い海の中のごく限られた場所でしか楽しむことができません。
そういったことから、今年の夏こそは本格的にスキューバダイビングをして美しい海の世界を存分に楽しむためにダイビングライセンスを取得することを考えている方も多いことでしょう。
ダイビングライセンスを取得するためには講習や実習で多くの時間が必要とされますが、ライセンスがあれば潜れる深さや行動できる範囲などが広がります。
また、ライセンスは海外でも使用できるため、どこの海でも思う存分にダイビングの醍醐味を味わうことができるようになるのです。
ただ、これからの夏休みシーズンはどこのダイビングショップやスクールも多くの人で込み合います。
そういったことからダイビングショップやスクールへライセンス取得のために通うのであれば、気温も海水温も上がってくる6月から7月中旬までの夏休み前がベストタイミングだと思います。
これくらいの時期までにダイビングライセンスを取ることができれば、夏休みも思う存分にスキューバダイビングを満喫できるので、この夏から本格的にスキューバダイビングを楽しみたいと思っている方は早めに受講申込をすることをお勧めします。

ダイビングライセンスについて知ろう!

ダイビングライセンスについて知ろう! ダイビングライセンスの一般的な認知は高いものの、そのイメージはダイビングを行う免許という漠然としたもので、実際のありかたとは少し違います。
では、ダイビングライセンスとは一体何なのか、どうして毎年多くの方が取得を目指すのか。
ここでは、ダイビングライセンスについて知ろうと思っている方に向けて、分かり易い説明をしていきます。
ダイビングライセンスとは、Cカードと呼ばれる認定書の事です。ダイビングに必要な知識や技術を持っていると認められた方に発行される認定書で、正式名称のCertification Cardの頭文字を取って、そう呼ばれています。
Cカードを発行しているのはダイビング教育機関で、中でも世界的に有名であり、シェアも大きいのがPADIと呼ばれる団体が発行しているCカードです。ダイビングラインセンスを取得しようと考えている方は、多くの場合はこのPADIに加盟しているダイビングスクールで講習を受けた後に、試験へ臨む形になるでしょう。
運転免許証やパスポート等と異なり、国家機関が発行しているものではありません。日本国内でなら業務を除けば法規制もなく、Cカードが無しでスキューバダイビングを行えます。
実際に、観光ツアーで初めてスキューバダイビングを体験したという方も多くおられるものです。
ただし、ダイビングショップで器材を借りたり、本格的なツアーに参加したりするにはCカードの提示が必要です。この為、単独でのダイビングや、体験ダイビングを超える本格的なダイビングに参加するには、Cカードが必要不可欠となっているのです。
このように、Cカードを取得する意義は、ダイビングをより広く深く楽しむ為と言えます。

ダイビングライセンス取得をお考えの方におすすめのリンク

安全最優先・少人数制でご案内するダイビングショップのサイト

沖縄 ダイビングライセンス